別冊キラン|女性受刑者の冤罪理由 田島伸二

















女性が法律の被害にあっている

私は、最初にキラン図書館を設置したときに、パンジャブ州政府の法務省の監査官から「パキスタンの中で唯一の女性の刑務所であるムルタン刑務所と子どもの刑務所の中では最大規模のファイサルバード刑務所にも、キラン図書館を是非設置して欲しい」と強い要望を受けていたのを忘れることはできなかった。

パキスタンの子どもたちに対する思いはそのまま続いていたが、2002年、カラーシャわだ晶子さんを通じて、日本・パキスタン協会の「美穂子基金」の協力でムルタンの女性刑務所にキラン図書館の設置が本格的に検討されることになった。

そのため私は、パキスタンで唯一というムルタン女性刑務所を訪れていろいろと事前調査を行った。

女性の識字率はパキスタンに限らず男性の約半分ぐらいの低さであるが、この刑務所に収監されている女性の250名のうち約8割以上の女性は全く読み書きができない非識字者であった。

そしてその大半がパキスタンのイスラム刑法「フドゥード法(Hudood Ordinances)」の被害によって入牢していることを知ったのは大きなショックであった。

この法律はレイプされた女性は、イスラム教徒男性の証人を4人出すことができなければ姦通したことになり、拘留あるいは最悪の場合、死刑に処せられるという悪法で多くの女性が入牢していた。

男女関係で恣意的に使われ、多数の女性がこの法律の被害にあっているのであった。2007年の現在この法律は廃止され、多くの女性は釈放されたといわれているが、宗教保守派の反対によって、どれだけの女性が釈放されたか実態は定かではない。

そして殺人で死刑を求刑されている冤罪の姉妹とか多くの女性たちの話を聞いたが、みんな知識や情報に飢え、読み書きできることを願っていた。

そこで「美穂子基金」の協力で2003年にムルタン刑務所の中に第2館で目ある「キラン図書館」が設置された。

美穂子基金は、2002年に96歳で亡くなられた西山美穂子さんの寄付によるもので、西山美穂子さんはパキスタンの女性や子どもの幸せのために役に立ちたいと、日本・パキスタン協会に寄付を申し出られ、高安事務局長や小西則子さんなどの協力を得て、ムルタンのキラン図書館の設置が可能になったのであった。

私はアディアラ刑務所のキラン図書館支援だけでもきちんと続けられたらいいと思っていたが、第2館のムルタンのキラン図書館が設置できたことで躍り上がりたいほど嬉しかった。

なにかが動き始めたと感じたのである。パキスタンを動かすのは小さなことでいい。草木から紙漉きを始めた経験でそう思った。

そして第3館のキラン図書館は、2004年に念願のファイサルバードの刑務所内に、東京外国語大学の名誉教授であった鈴木斌先生の遺贈金により設置された。

鈴木先生はアディアラ刑務所に第1館が設置されたときも現地を訪れて、実際に建築中の建物について多数のご助言を下さるなど実に大きな励ましを下さった。

鈴木先生の遺志は、さらに公子さんを通じてさらに第4館のカラーシャのルンブル谷に住む少数民族の子どもたちの図書館(これはわだ晶子さんの意志によって設置されたもので、ルンブル谷に住む子どもたちが幅広く利用している。)や第5館として2007年3月に設置されたぺシャワールのキラン図書館設置にもご協力くださった。

こうして現在、パキスタンでは5館(4館は刑務所内)のキラン図書館が設置されてある。毎年一回は現地を訪れて改善のための調査などを行っている。

子どもたちから「もしキラン図書館がなかったら僕は勉強することのおもしろさを知らなかった。いろいろの本が読めるようになって本当に嬉しい。楽しい。コンピューターに初めて触って、コンピューターができるようになった。今は人生に希望を持っている」などの反応を得ている。嬉しいことだ。

キラン図書館の動きは、ヤウンチ図書館として軍政下のミャンマーで、作家・ジャーナリスト協会の協力を得て、ヤンゴンほかに3館が設置された。

いずれにしても、こうした努力とはこの時代の大きな流れと変化のなかで、知識や情報や技術などの基本的な識字の力を社会の最も苦しい状況のなかで生きている子どもや女性たちを文字や言葉や絵やコンピューターなどで励ましていこうとすることを意味している。

知は万人のものであるだけに、こうした社会から阻害された子どもたちを知的なレベルから救うことは本当に必要なことだと思っている。

この努力はたとえわずかでも、彼らには生きるための元気さや人間らしさを暖かさが必要で、「この社会はあなたたちを決して見捨ててはいないよ。いつもしっかり見守っているからね。元気を出すんだよ。希望をもつんだよ」という証しになるのではないかと思う。

子どもの犯罪ーそれは大人の犯罪の裏返しである。女性の犯罪の多くは男性によって作り出されたものである。大人に利用され、犯罪者と仕立てられている子どもたちだけに、かれらはわずかの精神的な励みによって、いくらでも蘇生し、いくらでも元気を取り戻す出す存在である。

今、キラン図書館は、パキスタン社会で最も敏感な感覚で絶体絶命の環境の中で生きている子どもの存在に知的な救い手をさしのべようとしている。

ファイサラバードの刑務所の所長が言った言葉が忘れられない。

「もし刑務所の中で一人でもキラン図書館によって助けられる子どもがいれば、キラン図書館の目的は成就されるのでないか」

こども図書館ーそして知識、情報・・・・言葉、ことば・・・・・これは人の生き方を励ます生命の水のようなものだ。